FC2ブログ
 
最高最強の快楽・イキを得る為の研究をし、指導していく私的裏Blogです。こんな事ってあるんだ!これってどうやるの?知らない事があるんだけど!快楽・イキ・SM・メンタルの疑問や質問に答えます!これは全て長年の経験や医学的根拠に基づく真実の記録です。
hfghfghfghfghfghfghfg

本日は、SM調教への基本的な部分に付いてお勉強して行きましょう。

ここ最近多くなった似非M女達。
こんな女性を掴んでしまったら、折角のお楽しみも全て台無しです。
その為にも、M女を見極める目を養いましょう。

もちろんなんちゃってSや我儘Sに捕まってしまった女性も悲惨ですよ。
気を付けて下さいね。

あなたの思いどおりにする事が出来る奴隷を作る事は、男性にとっても最高の宝物となるでしょう。
また、愛され快楽地獄で溺れられる女性にとっても最高の時間だと思います。

さて、どうやってそれらを手に入れ、成育して行くのかを簡単にご紹介して行きます。

①M女を探すコツ

あなたの日々のストレスを和らげ性のパワーを蘇らせるM女を探す事、独りで良いからそんな従順なM女を作り上げてみましょう。

M性は、誰もが持ち合わせているものです、特に女性は本能的に奉仕する事を苦と思いません。それを引き出し調教する事だと思います。

②M女の園

最近は、SMプレーも受け入れてくれる女性も多くなって来ました。
しかし、それは本当にあなたが望むM女なんでしょうか?
あなたが望む様になんでも受け入れ、奉仕してくれるM女はとても少ないと思います。
その多くが、なんちゃってMだからです。
しかし、意外と身近な所に貴重なM女達が集まっているのかもしれません。
それを見付けるのは貴女の探求心です!
① M女発見する

先ほども書きましたが、なんちゃってMが多い中で、いざ付き合ってみたら普通のSEXに少し味付けしたみたいな事しかさせてくれない、お金が掛かるだけのダメ女・・・
そんなものに騙されずに、本物を探し出しましょう!
歳を取って来ると、経験もありますが自然とそれらを見極める目が備わって来ます。
派手な女より、地味で大人しいが、よく見ると可愛い女性に本物が多いです。
さあ、見付けてみましょう!意外と近場に居るかも!
偽物を掴んでしまったら、それは2つにひとつ、リリースするか、本物に作り上げるかです。

② 偽物Mの特徴

派手で金の掛かる女、肉食系と呼ばれる女性に本物はまずいません。
また、社交的過ぎる女性にも居ません。
彼女らは、男性から奉仕されたいタイプであり、奉仕する事を好まないからです。
地味だが、可愛い女性。磨けば光る要素を持った女性は狙い目です。
また、肉体的コンプレックスを持った女性も、その対象となります。

③ 見た目で判断する

小柄で痩せている気の強いタイプは、奉仕をするタイプの女性では無い事が多いです。
むしろ少し大柄な女性の方がM性が強い傾向があります。
どうしても、見た目では小さい女子絵の方が弱く、少し大柄な女性は強くS的に見てしまいますが、実はその逆で負けず嫌いのチビと、肉体的に恵まれ精神的にもゆとりのある女性の方が許容範囲も広く、M女としての素質を持っている事が多いです。
拘束した時も、ムッチリしたタイプの女性は絵になりますからね。

④ M女を見付けたら!

最初は、なかなかその素性を見せてはくれないかもしれませんが、じっくりと時間を掛けて素質を引き出してあげましょう。
あなたに見いだされて来たら、徹底的に調教してあなた好みの奴隷に作り上げるのです。
それでも、中にはダメな人もいますので、早目にリリースしましょう。
世の中には沢山のM女が居ますから。

⑤ 真性マゾへの道

手に入れたM女を貴女の奴隷にする為には、あなた自身がSとして素質を持っていなければなりません。出来もしないのにM女を飼うと、壊してしまって取り返しの付かない事になります。
それ程、大きな責任が伴う事を忘れずに。

あなたに力があるならば、あなたのSEX以外に満足の出来ない性奴隷に作り上げましょう。
あなたの命令は何でも聞く、あなた以外の人に決して抱かれない、あなたの以外では感じない体にするのです。
子宮と脳に二度と忘れる事の無い快楽を与えるのです。
クリトリスやピストン運動だけでは完璧な快楽は与えられません。

快楽を与える方法はいくつかありますが、最初から最後まで快楽で溺れさせるのです。

蕩ける様なキスから始まり、全身愛撫と時間を掛けたクンニです。
これを怠ると女は、あなただけに堕ちる事はありません。
レロレロは、たっぷりとしてあげましょう。

⑥ 最高の深いイキを与える

クリトリスオーガズムだけでは、最高のイキは与えられません。
ポルチオオーガズムを極め、マルチプルオーガズムへと移行して行きましょう。
これを体験した女性は、性奴隷へと化して行きあなたから離れる事はありません。
その為には、最高の性技を体得する必要があります。
それらは、今後徐々に解説して参ります。

⑦ 時間を忘れる程の快楽

どれ程の時間を費やせば良いのか?
簡単に言いますと、私は2時間以上の時間を掛けて快楽地獄へと誘います。
気が付けば4時間とか普通にあります。
長い時間、快楽の渦の中で漂わせる事で、時間の概念は無くなり快楽を求めて貴女を求め続けてくるはずです。
その為の、体力や性技は当然身に付けておかないと毎度ワンパターンとなり、女性は飽きてしまい快楽地獄から出てきてしまいます。
女性は、永遠の快楽を求めているのですから。

⑧ どれだけ続けるのか

最初は、頻繁に快楽を与え続けましょう。
快楽依存を発症したら、少し時間を空けて行きます。
それでも、M女はあなたの事を思い常に頭からあなたの事が離れません。
月に2回は快楽地獄を与える事であなたに依存し、従順な性奴隷になります。
あまり時間を空けてしまうと、寂し思いが先に立ってしまい中々思う様に奴隷化が進みません。
いつの世も、快楽を与えてくれる男性に女性は従順である事を忘れないでください。

⑨ 最後に

奴隷化と言いましたが、あくまでもプレイとして使用しているものであり、女性の尊厳と自由をはく奪してしまっては本末転倒です。
自分に依存してくれる可愛い女性を大切にし、心から愛してあげて下さい。
愛の無い調教は、所詮ゴッコとしか私は思いません。
探求心・心体ケアの知識や・責任を負えないものに、調教する権利は無いものと私は常々思っております。


以上、簡単に簡略的に書きましたが、今後も詳しく解説して参りますのでお楽しみに。

事故の無い、安心安全なSM調教を目指して日夜努力しましょう。


【地獄丸推奨グッズ】

欲しかったあのラブグッズを買いましたか?
地獄丸お勧めのアダルトグッズが1 NIGHT HEAVENから発売されています。また、安くて信頼の出来るNLSのアダルトショップで良い物を探してみては?
今回の注目商品は、1NHでお手軽なマシンバイブの、ジャックスハンマーセックスマシーンがお勧めです!
LlNE:zigokumaruかmail:zigoku69sm@gmail.com

【注意喚起】

*ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。
くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。
また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。
当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。

また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい!
当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、
法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。
全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。
当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、
著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。


【著作権法32条】

公表された著作物は、 引用して利用することができる。  
この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、
報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。


※著作権法遵守について

2012年10月より施行されました改正著作権法において、
違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。
違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、
民事、刑事上の責任を問われる行為となります。

詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。
詳しくはこちらをクリック
私のBlog「死ぬほど感じ隊!」」では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。
ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。
引き続き「死ぬほど感じ隊!」をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事、
改めてお願いさせていただきます。




U.F.O. SA
地獄丸使用の「胸用性感ブラ」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する