FC2ブログ
 
最高最強の快楽・イキを得る為の研究をし、指導していく私的裏Blogです。こんな事ってあるんだ!これってどうやるの?知らない事があるんだけど!快楽・イキ・SM・メンタルの疑問や質問に答えます!これは全て長年の経験や医学的根拠に基づく真実の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
jkhhhjh

めっきりと朝晩涼しくなって来ましたね。
新しいBlogがLivedoorで再始動し、そろそろ3週間目を迎えました。
お蔭様で来場者数も1,200人を超えており、皆様のお蔭でございます。
今後とも、こちらのBlogと共に新SM調教日記Blog「死ぬほど感じ隊!でしょう」も、よろしくお願いします。
こちらは、従来通りにSMに関する知識やテクニック等、細かい部分を書いていこうと思います。
また、長編版「死ぬほど感じ隊!」も、引き続きよろしくお願い致します。

さて、今回はSMにおける共依存(自立とは)に付いて書いて参ります。
最後までご参考になればと思います。
「そんなの知っているわい」と言わずに、復習と思ってしっかりお勉強して下さいね。
最後まで、ごゆっくりとお楽しみ下さい。


SMにおける共依存(自立とは)】


それでは、本日の講義を始めましょう。
SMと一言にいっても、そこにはさまざまな心理が存在しております。
今回はその中の2つ程を、簡単な序章の部分をお話しして参りたいと思います。

皆さんにはちょっと考えて頂きたいと思います。
SとM・・・さて、どちらが自立でどちらが依存でしょうか?

普通考えるならSが自立でMが依存となるでしょうね。
しかし、この様な質問をするのだから、逆なのでは?そう考える人も多いでしょうね。

実は、どちらも正解なのです。

さて、SMと一言にいっても、そこにはさまざまな心理が存在しています。
それらすべてをお話しすると成ると、本1冊では収まらない可能性がありますので、今回はその中の一つか二つ、簡単なさわりの部分をお話しようと思います。

皆さんにはちょっと想像していただきたいと思います。
SとM、どちらが自立でどちらが依存でしょう?

普通考えるならSが自立でMが依存でしょう。
しかしこのような質問をするのだから、きっとSが依存でMが自立かもしれない、そう考える人もいるでしょう。

実はどちらも正解なのです。


【共依存と依存】

リアルに言うならば、形としてSが主導権をとってMの人に対して色々な事をする訳ですから、Sが自立的立場でMが依存的立場という形になります。
別の言い方で言うならSが能動的で、Mが受動的と言う事です。

しかし、精神面ではどうなんでしょうか?

精神面では、SがMの人に対して「感じてもらう」為に、あれこれご奉仕をする訳です。
言い換えれば、Mの人が何も感じないのであれば、SMという関係は成り立たないと言う事になる訳です。
ここで良く勘違いSが出てくる訳です。

こうすれば感じる筈、これは前にやって感じた女がいるから大丈夫だ、AVやネットで調べた 等々
こんな「なんちゃってS」に調教?されたら、それは調教では無く虐待か単なる拷問でしかない。
怪我させられたり感染症、下手すりゃメンタル壊されたり、昇天する事さえあります。
自信過剰な、我がまま「なんちゃってS」には気を付けましょう。

話を戻しますが、Sの人は、Mの人が感情を感じる、感情表現をする事によって、初めて感情を感じられる訳ですから、感情レベルではSが受動的でMが能動的となる訳なんです。
精神面ではSが受動的で、Mが能動的、であると言う事ですね。

つまり、Sの人は日常生活上、特にSEX以外の生活においてはかなり自立されている状態にある事が多いと感じられます。
自立している状態の時、感情は自立すればするほど感度が鈍ってきてしまいますので、結果として感情を感じる為には何らかのきっかけが必要になってくる訳なんです。
Sになるのはその手段の一つとも言えるのではないでしょうか・・・




地獄丸使用の胸責めマシン
地獄丸使用の胸責めマシン
これは私の考え方ですが、Sの人の多くは、日常生活の中ではかなり抑圧されている(もしくは抑圧されていた)経験がある方が多いのではないかと感じます。

言い換えれば、パートナーに対してはSですが、別の誰か、そう何か・・・例えば親や上司であったり、社会や仕事であったり、その他の人間関係、そのようなものに対しては、自分がMであり、周りがSと感じている可能性がある訳なんですよね。
つまり、抑圧されている自分と同じ状態をパートナーに協力してもらい、心の抑圧を自分の目で見える形にし再現する事によって、自分自身の心と体の不一致を無くそうとしているのかもしれません。

そして、ここではもう一つ大切な事があるのです。
Sの人がMの人にしている事は、Sの人が普段自分に対し呈している事でもある、と言う事なのです。
もちろんSの人全員がそうであるとは言いませんが、多くのSの方は、自分で自分を虐めているところを、つまりひとりSMをしているところがある訳なんです。
その心の状態をリアルに表現したものが、パートナーとのSM行為になる、というケースも多く見受けられます。

では、逆にMの人はどうなのでしょうか?

Mの人は、リアルな主導権をSの人に任せる訳ですから、見た目には依存的に見えます。
しかし、先ほども言いましたが、Mの人が感じる事がなければ、Sの人の目的は決して達成できない訳です。
何故なら、Mの人が感じているのを見て、初めてSの人は感じる事ができるからなんですよ。
実はMの人って、心理面では相手をコントロールできる立場にあるという事なんですよね。
ですから、Ⅿが主導権を握っていると言われているのはこの為なんです。

ですから、Sが居るからMがいるなんて言っている人は信用性が低いって事なんです。
良く言うところのS=Mって意味もこの辺から出て来るのです。
そう、特にSからMに転じたり、MからSへ転じる事も少なくありません。

話を戻します。
では、Mの人は、普段は感情表現をしていないのでしょうか?
おそらく、Mの人は全く感情表現をしていない訳ではないのでしょうが、Sの人から見た場合、自分の知らない感情を隠している様に感じられてしまうのかもしれませんね。
隠しているものは覗きたくなる訳ですから、見せてくれるまで色々な事をしてくる、という事になる訳です。

多くの場合、ここで隠しているものの正体は「恥ずかしさ」なんですよね。
それはSもMも同じで、相手を辱める事によって自分の中で抑圧した「恥ずかしさ」をお互いに表に出す事ができるからなのです。

また、Sの人と同じ様に、普段とても自己嫌悪が強くて、自分を責めてばかりいる人も、先程の「ひとりSM]状態になりますから、心の中の状態をM側として表現するケースもあり得る訳ですね。

そしてこれは、私の調教師(あくまでも趣味)としての経験であった事ですが、Mの人が縛られる事によって、Sの人を束縛する、というケースがあったのです。
面白いと思いませんか?
要するに、Sは体を縛るけれども、Mは心を縛る訳なんです。

仕組みとしては簡単です。

「私はあなたにこんなに恥ずかしい自分を見せています、でも、あなたにだけしか見せないから」
この「あなたにだけ」、これは男女共通の殺し文句なのです。

正直なところ、SとMというのは、「どちらかがSでどちらかがM」というのはありえません。

S=M

それは自立と依存の関係も同じであり、「状況によって自立したり、依存したり」というのが普通なのです。
これと同じで「状況によって、SになったりMになったり」するのが一般的な訳です。
例えばですが、絶えず自立している人は、ある特定の何かや誰かの前だけでは依存する、というのは誰にでもありますから、同じようにパートナーに対してSの人は、他の誰かに対してはMである、とういことは十分考えられる訳なんですね。

ですから本来のSMというのは、この「自立と依存」の関係を楽しむ行為の一つと考えて良いでしょう!
楽しめないのであれば、お互いが行為の持つ意味と、自分と相手が持つ抑圧されたものに対して、充分な理解とコミュニケーションが必要なのです。

この「充分な理解とコミュニケーション」がない場合あ、SMはプレイではなく、本当の拷問になってしまう事を忘れないでください。

SMは心と同じで、お互いの理解と信頼によって初めて楽しめるものですから、相手を大切に扱いながら、安全に楽しんでください。

くれぐれも我がままなSMをお互いにしない事です。

今回、最後になりますが、Sの人のMの人へのメンタルケア・怪我をさせない為の予備知識・怪我をさせてしまった時の対処法・治療法を必ず習得して下さい。
お遊び程度のソフトSMですら、感染症対策の為の殺菌消毒等には気を付けて下さい。

折角の大切なパートナーさんを、傷ものにしたり取り返しの付かない事になったりしたら全てが台無しです。
プレイ中意外のSの人の気遣い・言葉使いひとつでも、その人に命を預けられる人かどうか判断が付く筈です。
慎重に相手を選びましょう。

さあ、思いっきり調教を楽しみましょう!

次回は、別のテーマで講義を行います。
お楽しみに!


【注意喚起】
*ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。
くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。
また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。
当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。
また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい!
当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。
全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。

【著作権法32条】
公表された著作物は、 引用して利用することができる。  
この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、
報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。

※著作権法遵守について

2012年10月より施行されました改正著作権法において、違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。
違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、民事、刑事上の責任を問われる行為となります。

詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。
詳しくはこちらをクリック
私のBlog「別冊 死ぬほど感じ隊!」」快楽地獄指南書(SMとイキの基本とM女ケア)では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。
ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。
引き続き「別冊 死ぬほど感じ隊!」」快楽地獄指南書(SMとイキの基本とM女ケア)をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事、改めてお願いさせていただきます。



地獄丸使用の胸責めマシン
地獄丸使用の胸責めマシン
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/tb.php/54-8885f9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。