FC2ブログ
 
最高最強の快楽・イキを得る為の研究をし、指導していく私的裏Blogです。こんな事ってあるんだ!これってどうやるの?知らない事があるんだけど!快楽・イキ・SM・メンタルの疑問や質問に答えます!これは全て長年の経験や医学的根拠に基づく真実の記録です。
hfhtftgf
真夏のレース終わりました!
週末は、天気が良くて本当に良かったです!
こんな日は、可愛いペットと疲れた体を癒しに温泉でゆっくりしたいですねぇ。

さあ、今日も香澄を甚振った時の模様をダイジェストでお贈りします。
7年前に2年間ほど調教していた香澄への快楽地獄責めを最後まで、ごゆっくりとお楽しみ下さいませ。


最後までご自分に置き換えてお楽しみ下さいませ。
リアル調教心得は、ここから(悪戯厳禁)

このBlogをスマホで見る時は、PCモードで見ると色々な情報が見えますので、
是非一度PCモードでご覧ください。

また、本家のSM調教Blog 死ぬほど感じ隊は、こちらからどうぞ!アドレスが変わってます。再度ブックマークして下さいね♪
http://zigokumaru69.blog.fc2.com/



【その2】


『つ、続けろだと?・・・本気かこの娘は?』
私は、少し冷静な顔をして香澄の顔を見ると真剣な眼差しで香澄は私を見ていた。

「もう、帰りなさい。・・・いいね?」

香澄は、表情を変える事無く私を見ている。

香澄「帰りません。続けて下さい・・・」

冷やかしかと思ってついついいつもの調子で言ったのだが、どうやらまんざら嘘でもないらしい。
香澄は、私に対して本気で調教を望み、奴隷として仕える気だったのだ。

香澄「私は、今日までマスターに仕える為に努力して来たんです。帰りませんっ!どうぞもっと私を躾けて下さい」

香澄のその真剣な眼差しに私はしっかりと応えなければと、香澄の頭をなでなでしてやると調教カバンから新たなる責め具を取り出し調教の準備をした・・・





地獄丸使用の胸責めマシン
地獄丸使用の胸責めマシン
私は、幾つかの道具を持って香澄のところへ戻ると、目隠しをしてから乳首乳首クリップ付のローター両乳首に取り付けてスイッチを入れた。

ビューン・・ビュビュビューン・・・ブブブブ・・・

香澄「な・何これ・・・なに?ビリビリする・・・ぁあッ・・ぃい・・ぁあ・・き、気持ち良いです・・ぁあっ・・あん・あん・・ぁあ」

私は無言のまま今度はローターマンコの中に入れた。
簡単にヌルりと入るほど濡れている。
奥まで入れるとスイッチを入れた。

ぶぶぶぶぶっぶぶぶぶぶぶぶーん!!

香澄「はぁあっ・・・なに?これやばい・・・あぁっ・・気持ち良いですぅう・・・ぁああ・・・・ぉおおお・・あん・・あんあん・・中で動いてるし・・・ぶんぶん中で音がするよぉお・・ぁあ・・っぁああん・・だめぇえ・・・」

私は更に電マのスイッチを入れるとクリトリスに押し付けた。

「どうかしたのか?もっと気持ち良くなりたいんだろう?」

香澄は体を仰け反らせてアンアン言ってる。

香澄「いやぁあ!!だめええっ!イキそう・・・だぁ・・・いやぁ・・あんあん・・・あああ・・・イク・・・ダメ…イキソウ・・・イヤぁあ・・・ぁああ・・・クリちゃんが・・・・ぁああ・・・シビレルぁやああ・・・ひぃいっ!だめっ!いくいくっ・・あぁ・・・あんあんいくぅうう!!!ぁああああっ!!」

ビクビクと痙攣しながらあっという間に果てた香澄。

香澄「あん・・・あ・・うん・・・あぁあ・・・だめ・・・あ・・・ぅう・・はぁはぁ・・はぁ・・」

私は、ローターのスイッチを切るとローターの線を引っ張り、鳥が卵を産むかのようにポコっと引き抜いた。

香澄「ぁああ・・・だめぇ・・ぁあ・・・はぁ・はぁ・・はぁ・・ぁん・・ぉお・・・ぅう・・・」

私は、次にバイブを取り出すと香澄の口に咥えさせた。

「さぁ、しっかりしゃぶるんだよ」

香澄「は、はい・・・チュパッ・・・チュッ・・・チュパチュパッ・・・レロレロ・・・ううっ・・うむっ・・ぁあ・・」

私は、ねっとりとバイブを舐め上げる香澄からバイブを取り上げると、涎でヌルヌルになったバイブを香澄のマンコにぶち込んでやった。

ぬぷっ!

と、同時にスイッチオン!

ブウーーンブブブブッ・・・ブィーン・・ブブブ・・・ブッブッブッ・・・ブィーーン・・・・

香澄は、思わず声を上げてバイブの気持ち良さを叫んでいた。

香澄「ぁあああっ・・・・き、気持ちが良いよぉおぁ~だめぇ・・・あん・・・すごーい・・・なにこれ・・・・あぁあ・・・そんな掻き回さないで・・・だめぇ・・・ぁあ・・ああんあん・・・・入れたり出したり・・・ぉおお・・・」

「ほらほら・・・もっと奥まで突いてやるからな・・・そら・・・どうだ?」

香澄は、マンコからマン汁トロトロと垂らしていて、バイブを動かす度に大きな声で喘ぎ声やイヤラシイ言葉を発していた。

香澄「ぁああ・・・それ・・気持ちが良い!・・ぁああ・・・ぉお…もっと・・・動かして・・・ぁああん・・ぁああ・・・こんな恰好で恥ずかしいよぉお・・・ぁあん・・あん・・あん・・・・だめぇえ・・・また、イク・・・ぁああイッチャうのぉお・・・」

私は、勝手にイキまくる香澄の様子を見ながらイキ地獄を味あわせていた。
体は大きく痙攣して、今にもイキそうな香澄。
クチュクチュとイヤラシイ音が部屋に響くほどビショビショだ。

「ほら、もっとガンガン突くぞ」
香澄は大きな声で叫び声を上げている。

香澄「だめだめ!そんなに激しく動かしたらァ・・・ぁああ・・アンアン・・・イク・・イクよぉお・・・またイクってばぁあ・・・良いですかご主人様ぁあ・・ぁああ・・・あん・・・ぉおお・・・ねぇ・・・おねがい・・・ァアア・・・だ、だめえ・・・イクイク・・・イクイクイクイクよぉおお・・いくぅうっ!!!」

大きく痙攣すると同時に香澄はイキ果てたようだ。
大きく息を切らしながらも余韻に浸っている。
そんな余裕は許さない。
私はすぐに電マで香澄のクリを攻撃した。

ぶぶぶうぶぶぶぶぶぶうぶぶぶうぶうっぶぶぶぶうぶぶぶぶぶぶぶっ!!

香澄「ぁあああだめぇええっ!さっきイッタばかりなのに・・ぁあああ!だめぇえ!!おかしくなる!ぁあああっ・・・ゆるしてぇえ!!あんあんあん・・・死んじゃうってばぁっ!・・・止めてぇえっ!!」

香澄は、またを痙攣させては、イヤラシイ事を呟いては、喘いでいる。
私は、香澄を四つん這いにさせると、片足をあげさせてマンコをモロ見えにさせた。
ヌラヌラになったマンコを2本あてがえると、ピタピタマンコの入り口を突いてやった。

ピタピタピタピタっ・・ピタピタピタっ・・・

香澄「ぁああ・・・なに?これ・・・なんかイヤラシイ音がしているよ・・・いやぁ・・ぁあ・・・あ・・あん・・・いやらしい・・・」

私は、蜜ツボに捻じり込むと肉壁がまとわり付いてくる。
熱くねっとりと締まりの良いマンコの中は私のを奥まで吸い込む様に飲み込んでいく。
奥でを曲げて、Pスポット周辺を念入りに刺激すると香澄はさっきとは違た喘ぎ声を上げ始めた。

香澄「だめぇええ!!そこ!なんかおかしいよぉお!!ぁああんんっ・・いい・・・それいいい・・・だめえ・・・さっきイッタばかりだから・・・また、すぐにイキそう・・・ダメ・・・・・奥のそこが・・・押されると・・・気持ちがいいよぉお・・・だめだって・・・そこはだめ・・・すごい・・・あん・・あぁああ・・・くぁあ・・・これ気持ちが良すぎるって・・・ぁああ・・・だめ・・・またイク・・・気持ち良い・・・何度でもいく・・・うんうんん・・あ・ぁ・あ・あ・・・いくいくいく・・いくいくいくうううっ!!ぉおお・・・うはぁああ!!ぁあああああ!!!いぐぅうう!!」

イクと同時にを引き抜くと、まで吹き上げた。
その後、何度か電マを使ってイキまくらせたら、動かなくなってしまったので3分間休憩を入れた。
息も荒く、まだまともにものが考えられないらしい。

「さて、これからが本番だからな・・・随分と好き勝手にイキまくってくれたじゃないか。私の許しも無くイクなんて・・・そういう事をするとどうなるか、しっかりで覚えてもらわないとな」

香澄「ぁあ・・ん・・・ハァハァハァハァ・・・ぁあ・・・」

ジンジンと疼くマンコはそのままに、今度はテーブルの上に四つん這いで拘束すると、香澄は無防備にまたもやマンコを私に曝け出された。
見られる事でヒクつき始めていた尻穴アナルスティックを突っ込む。

香澄「ひぃいいっ!いやぁあ!ダメっそこはダメっ!くぅううぁああああ!!」

必死に抵抗を見せる香澄だったが、マンコを入れられて、また奥を刺激されたと同時にその抵抗は無くなり、すんなりアナルの力もぬけて、アナルスティックさえも飲み込んでしまったのだった・・・


次回へ続く・・・


如何でしたか今回の調教は?
責めれば責める程に、香澄はドお変態っぷりを見せてくれました。
この後に起こる、さまざまな調教によって香澄は更に豹変していきます。
次回をお楽しみに!

さあ、貴女も快楽地獄責め調教を味わってみませんか?
人生一度きりです、後悔しないように生きましょう。
勇気を出して奴隷になり、調教されては如何ですか?


【お知らせ】

私へのコンタクト 等は、こちらのメールフォームかLlNE: zigokumaruへどうぞ。
メールフォーム⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=956767

新設した感じ隊のSNSは、こちらから
快楽地獄丸のSNSワールド⇒ http://zigoku69.sns.fc2.com/exec/private/home/

【注意喚起】
*ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。
くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。
また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。
当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。
また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい!
当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。
全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。

【著作権法32条】
公表された著作物は、 引用して利用することができる。  
この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、
報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。

※著作権法遵守について

2012年10月より施行されました改正著作権法において、違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。
違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、民事、刑事上の責任を問われる行為となります。

詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。
詳しくはこちらをクリック
私のBlog「死ぬほど感じ隊!」」では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。
ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。
引き続き「死ぬほど感じ隊!」をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事、改めてお願いさせていただきます。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/tb.php/52-0aa65c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック