FC2ブログ
 
最高最強の快楽・イキを得る為の研究をし、指導していく私的裏Blogです。こんな事ってあるんだ!これってどうやるの?知らない事があるんだけど!快楽・イキ・SM・メンタルの疑問や質問に答えます!これは全て長年の経験や医学的根拠に基づく真実の記録です。
hfghf
長い梅雨が続きますね・・・
皆様、如何お過ごしでしょうか?
私も、この雨のせいで洗濯物も乾きませんよ。
久し振りにこちらにも過去の調教日記書きますねぇ。
さあ、本日より始まります新シリーズ!
7年前に2年間ほど調教していた香澄への快楽地獄責めの一部を数回に渡りご紹介して参ります。
最後まで、ごゆっくりとお楽しみ下さいませ。


最後までご自分に置き換えてお楽しみ下さいませ。
リアル調教希望は、いつでもどうぞ。

このBlogをスマホで見る時は、PCモードで見ると色々な情報が見えますので、
是非一度PCモードでご覧ください。

また、死ぬほど感じ隊のBlogは、こちらからどうぞ!アドレスが変わってます。再度ブックマークして下さいね♪
http://zigokumaru69.blog.fc2.com/



【その1】


いつも明るく元気な性格の香澄。
香澄は、後輩の紹介で知り合った保育士だった。
毎日、小さい子供達を相手にしている彼女だが、仕事柄あまり出会いがないとのことで欲求不満は溜まる一方だと酔った勢いなのか愚痴を漏らしていた。
毎日の仕事のストレスから、滅茶苦茶にされてみたいという願望があるようだった。

そんな香澄に、私は調教を趣味でやっている事を冗談交じりで話したところ、日に日に積もっていた不満が爆発しそうだと、私に調教して欲しいと迫って来た。
酔った上の話かとその場はスルーしたが、翌日彼女からメールが届いた。

香澄『もし、宜しければ次の日曜日にお会いできませんか?あれから調教の事が頭から離れないんです・・・』

どうやら、本気で興味を持ってしまったらしい。
私は、すぐに日曜日に会う約束をして、調教の為の準備に取り掛かった。
あれこれ新しい道具を購入しているとあっという間にその日を迎えていた・・・





U.F.O. SA
U.F.O. SA
約束した場所へ迎えに行くと、香澄はミニスカート姿で立っていた。
おおよそ、保育士をやっている娘とは思えない程の派手さだった。
そのまま、行きつけのSMホテルへに入ると、本気度を尋ねてみた。

「初めての調教なんだよね?大丈夫?怖いんじゃないの?止めるなら今だけど?」

香澄「ぁ・・うん・・・いや・。私、今日は本気で来たんです」

「でもね、お試しとか私はやらないって言ったでしょう?長く調教出来ないなら帰ろう」

香澄「わ、私は・・奴隷にして欲しいんです。無茶苦茶にして・・・私を壊してください」

香澄は、私をジッと見ると顔を紅潮させて俯いてしまった。

「そう・・それなら私も真剣に君を調教しよう。その為に今日ここに来たのだからね」

香澄は、下を向いたまま私に頭を下げて答えた。

香澄「よ、よろしくお願いします!何も知りませんが・・・頑張ります!」

どうやらその気持ちに嘘は無いようだった。
私は、彼女の顔を引き上げると、キョトンとした顔に向かって話した。

「よろしくね、香澄ちゃん。途中で逃げ出したりしないように」

目を丸くしたまま、香澄は頷いた。

香澄「は、はい・・・」

まず初めに、基本の緊縛から始めてみた。
手早く、亀甲縛りにしてみると、見かけによらずM気質の香澄は緊縛された途端に興奮を隠せないようで、かなり手荒に扱われているにも関わらずうっとりとした目つきで見上げてくるではないか。
縄酔い状態の香澄に、縄の隙間から溢れたおっぱいを抓るように揉みしだいても、泣きそうな喘ぎ声を漏らしながらイヤらしくピンクの小さな乳首を勃起させる始末だった。

「香澄?股縄で擦られたマンコも充血しているんじゃないか?」

香澄は、トロンとした眼をしながらも、私の言葉に反応してモジモジとを擦りあわせては、熱い吐息を漏らしていた。

香澄「はぁぁ・・・っ・・ぁあ・・・股間が・・・熱い・・・ぃぁ・・・ぅう・・」

執拗に乳首を嬲られた後、乳首同様に電マでM字に縛り直された香澄のクリトリスをジワジワと責めてやると、動けない体でのたうち回ってヨガり狂う。
敏感な性感帯を強烈な刺激に襲われ息も絶え絶えだ。
全身を激しく震わせながら喘ぎ、肌に縄が食い込むのも気にせずに悶える痴態はかなり卑猥だ。

「どうした?クリが充血してパンパンになっているじゃないか?イヤラシイなぁ・・・うん?」

香澄は、そんな顔から火が出る様な恥ずかしい事を次々言われて、顔を左右に振りながらも喘いでいた。

香澄「ぁああっ!そんな恥ずかしい・・・もう言わないでください・・・ぁああ、だめっ!そこはっ!くぅうっ!ぁああんっ!」

電マをクリトリスに触るか触らないかの微妙な距離で焦らされるものだから、香澄は電マの先端がパンパンに腫れ上がったクリチンポに触れる度に体をビクンッとさせて、口を開けてアーアー言っている。

「なんだ?このイヤラシい勃起クリに電マが当たる度に、お前は気持ち良くて腰を動かしているじゃないか?もっとじっくりと電マを当てて欲しいのか?どうなんだ?」

私は、意地悪く香澄に問いかけた。

香澄「・・・そ、そんな・・・」

香澄は、顔を赤くして押し黙った。

「うん?なんだ?どうされたいか聞いているんだけどね?言えないの?」

香澄に追い込む様に問い掛けるが、押し黙ったまま口を開こうとしない。
こんな時は、お仕置きするのが一番だ。
私は、香澄の両乳首を指で摘まむと、思いっきり乳首を引っ張った。

香澄「いっ!痛いっ!!!痛い痛いっ!止めてっ!」

余程痛かったのだろう。
香澄は、涙目で私を睨んでいる。
私は、そんな香澄に無慈悲にももう一度同じ事をした。

香澄「痛い痛い痛いってばぁ!止めてお願いぃいっ!」

私は、香澄の乳首を引っ張りながら憐れむ様に言い放った。

「あぁっ痛いんだねぇ・・・可哀想に。でも、私が聞いている事にすぐに答えたり、言う事を聞かないからこんなお仕置きを受けるんだって事をこの悪い頭にしっかり叩き込まないと同じ事を何度でもされるって判るかなぁ?」

香澄は、火が付いたように騒ぎ出した。

香澄「はいはいはいっ!判りましたからもう離してっ!痛いよぉお!」

私は、パッと香澄の乳首を離してやった。
その瞬間、香澄の頬を大粒の涙が流れ落ちた。
それ程、痛かったのだろう。
こんな事をされるとは・・・後悔もしたのだろう。

「さあ、もう解いてあげるから調教して欲しいなんて興味本位で言うんじゃないよ。もう、お帰り」

香澄は、涙をいっぱい流して無言で俯いたままだ。
私は、香澄の後ろに回ると縄を解く為に結び目に手を掛けた。
その瞬間、香澄は顔を上げて後ろを振り向くと私を睨んだ。

「うん?」

香澄「つ、続けて下さいっ!」

私は、耳を疑った・・・



次回へ続く・・・


如何でしたか今回の調教は?
驚いたことに香澄は私に調教の続行を願ったのでした。
この後に起こる、さまざまな調教によって香澄は豹変していきます。
次回をお楽しみに!

さあ、貴女も快楽地獄を味わってみませんか?
人生一度きりです、後悔しないように生きましょう。
勇気を出して調教を体験しては如何ですか?
メール・チャット等で、ご質問等をお待ちしております。


【お知らせ】

私へのコンタクト 等は、こちらのメールフォームかLlNE: zigokumaruへどうぞ。
メールフォーム⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=956767

新設した感じ隊のSNSは、こちらから
快楽地獄丸のSNSワールド⇒ http://zigoku69.sns.fc2.com/exec/private/home/

【注意喚起】
*ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。
くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。
また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。
当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。
また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい!
当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。
全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。

【著作権法32条】
公表された著作物は、 引用して利用することができる。  
この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、
報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。

※著作権法遵守について

2012年10月より施行されました改正著作権法において、違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。
違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、民事、刑事上の責任を問われる行為となります。

詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。
詳しくはこちらをクリック
私のBlog「死ぬほど感じ隊!」」では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。
ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。
引き続き「死ぬほど感じ隊!」をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事、改めてお願いさせていただきます。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/tb.php/51-2f46b498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック