FC2ブログ
 
最高最強の快楽・イキを得る為の研究をし、指導していく私的裏Blogです。こんな事ってあるんだ!これってどうやるの?知らない事があるんだけど!快楽・イキ・SM・メンタルの疑問や質問に答えます!これは全て長年の経験や医学的根拠に基づく真実の記録です。
bnvnvbn
今日は、良い天気でしたね!
長い梅雨ですが、気持ちの良い夏もあと少しでやって来ます!
今年の夏は、良い夏にしたいと思います♪

さあ、本日は、過去の人気作品からシリーズの最終回を掲載させて頂きます。
最後までご自分に置き換えてお楽しみ下さいませ。
リアル調教希望は、いつでもどうぞ。

このBlogをスマホで見る時は、PCモードで見ると色々な情報が見えますので、
是非一度PCモードでご覧ください。

また、死ぬほど感じ隊のBlogは、こちらからどうぞ!アドレスが変わってます。再度ブックマークして下さいね♪
http://zigokumaru69.blog.fc2.com/

ここ裏Blogでは、リクエスト多数!好評に付き、livedooe版「超!死ぬほど感じ隊!!」に掲載していた過去の作品から人気のあったものを暫く連載します。


【最終回】


ツルテカのラバー製キャットスーツを身にまとった友美は、体の線が露わになって更に卑猥だった。
そんな友美を拘束ベルトを使ってベッドに四つん這いの状態で拘束すると、浣腸液が充填されたシリンジを友美の締まったアナルにローションを塗り込むと先端を一気に差し込んだ。

友美「あぁっ!・・・いやぁああ・・・そこは駄目ですよぉ・・・汚いしぃ・・・マスターぁ・・・ぅうっ・・」

友美は切ない顔をして私を見ようと振り返るが、私はお構いなくシリンジの中身が全部無くなるまで押し込んだ。

グググッ・・・ジュルルッ!

アナルから直腸へ一気に400ccが注入され、下腹部に違和感を感じた友美は眉間にシワを寄せながら低い声で唸る。

友美「うぐぅっ・・・くぅぅ・・・・っ・・・かはぁっ・・・・ぁあ・・・ぅぅ・・・ん・・・」

私は、更にもう400ccを友美のアナルにぶち込んだ。
突き出されたの狭間を抉じ開けて、大きなシリンジの先から大量のグリセリン液を浣腸されると、人前での強制排泄という究極の羞恥に怯えつつも悶え泣く友美。

「したくなったら言いなさい。こんなところで出されたら困るんだよ・・・いいね」

苦しみの表情で哀れにも半べそをかいて我慢している友美は、その言葉を待っていたかのように即答した。

友美「お、お願いですっ!トイレに行かせて下さいっ!」

「我慢しろ」

思いがけない答えに友美は何も言えずにポカンとしていた・・・



 
しかし、あっという間に襲いくる便意を半端なものでは無く、脂汗を掻きながら必死に我慢している。

友美「うぐぅう・・・トイレに・・・行かせてくださいっ!お願いします・・・で、でちゃうっ!」

友美は、向きを必死に変えると私の脚にしがみついて、トイレに行かせて欲しいと懇願し続ける。

「そろそろ限界か?仕方がない・・行くぞ」

私は、不自由な友美をトイレに連れて行くと、トイレに座らせてその様子を見ていた。
友美は、不思議そうな顔で私を見ている。

「どうかしたのか?」

そんな問いに友美は不思議そうに私に尋ねた。

友美「マ、マスター?そこで何をなさっているんですか?」

不思議そうな顔で私を見上げている。

「早くしたら良いだろう?我慢は良くないぞ」

ハッと気付いたように私を見つめ、首を横に振りながら言い放つ。

友美「無理無理無理っ!出来ないです・・・って言うか・・・出ません」

私は、友美の下腹部を足でギュッっと押し込んでみた。

友美「ふぐぅうっぁああ!!だめぇえ!!出ちゃうっ!」

「なら出せば良いだろう?」

友美は、必死にをどかそうと私の脚を持って居るが、そうすればするほど、私はに体重を掛けて押し込んでやった。

友美「ひぃいいっ!!無理っ!出る出る出るっ!だめぇええ!!我慢できないっ!!」


ビュシュッュゥウウ!!ブブブブウリりりりりッ!!!シャァ―――!!

尚も私は腹を押し続ける。

友美「ぐるしぃい!・・ぁああ・・だめだめ・・・いやぁあ!!恥ずかしいし・・・くさい・・・だめぇええ!いやぁあ!!」

ブブブブッ!シュウゥ!ッビューー―!!!

「出る出る出る・・・汚いやつめ・・・」

更に押し込むとそれと同時に吹き出す。

ビューー―ップルルルッ!!

「ふっはっはっ・・・」

顔を真っ赤にして耐えている友美。

友美「ぎぃいいっ・・・くぅう・・・ぁああ・・・・」

しかも、それは1回で終わらず、吐き出されるグリセリン液に汚物が混ざらなくなるまで何度も何度も繰り返し行われた。
友美からまともな思考をも奪っていった。
抗う気力を根こそぎ奪われた後は、アナルを差し出し尻穴被虐に耐えるのみだった。

排泄で緩んだ淫穴にアナルスティックを深々と突き入れられ、真っ赤になってヒクつくアナルで快感を得るようになるまで嬲られ続けてやった。
時間が掛かると困るので、海外製のアナル用媚薬クリームをたっぷりと練り込んでやってだ。

「ほら友美・・・こうやってアナルを肛虐されていると、いつしか快楽に変わって来るのが判るか?」

友美は、媚薬で敏感になったアナルを何度も責められて、イヤラシイ声を漏らすまでになっていたのだ。

友美「ぅう・・ぁああ・・ぃい・・アアン・・・・マ、マスター・・・ぁあ・・・ぉおおお」

そして、トロリとしたマン汁を零しっぱなしだったマンコにもオリジナルの極悪バイブを突っ込まれ、ニ穴同時に責められる友美は壮絶な快感に咽び泣いたのだった。

友美「いァアア!アナルでイッチャウぅうう!!だめぇええ!!ひぃいい!!!イクイクッ!!ぁあっ!」

アナルで果てた友美・・・
しかし、根っからのマゾ女の友美は、ドロドロ股間そのままに、もっと欲しいとねだる目つきで見上げてきたのだ。
パックリと割れた濡れ濡れマンコに指を入れられ、グジュグジュとかき回されると、キャットスーツを着たままでシーツを蹴りながらヨガり乱れる始末。

友美「マスタァ!!ダメェえ・・・我慢できない・・・また・・いくっ!!・・・いく・・いっ!ぁああああ!!」

そして、念願の肉棒を差し出されると目つきが変わった。
ロリ顔を快感に歪め、喉の奥まで勃起チンポを頬張り夢中でフェラチオする姿は酷く淫らでいやらしく、メス奴隷の匂いがプンプンした。
奥まで捻じ込みそのままギリギリまでイラマチオさせた。

友美「ぉおおおっ!ぐふぅ・・・はぁ~はぁ~はぁ~」

「今日の調教を思い出して次の調教を楽しみにしているんだぞ友美」

友美「はいっ!マスタァ~!ぁああっ」

四つん這いに拘束されたままバックから犯され続ける友美は、完全に意識も飛んだようで、羞恥を忘れ快感を貪るように激しくを揺らし始める。
今度は、拘束を全て解いてから騎乗位からズップリと根元まで咥え込んだチンポに跨り、マンコの奥深くを抉るような突き上げにもヒィヒィ喘ぎながら髪を振り乱してヨガるばかり。
イキっぱなしの快楽地獄に友美の自我は消え、鬼畜な私に犯されまくりで一日を終えたのだった・・・

友美「いやぁあ・・・マ、マスター中に・・・出してぇえ!!」

激しく腰を動かし一気に絶頂に達する2人。
タップリと中出しされたマンコは、イヤらしくヒクヒクと痙攣しっぱなしだった。

暫く、動けないほどの快楽に二人は抱き合ったまま自然に唇を貪り合った。
次回は、もっと激しい調教になるだろう・・・
そんな事を想いながら気が付けば二人は眠りについていた。




次回、新シリーズへと続く・・・




如何でしたか今回の調教は?
激しい調教に私たちは、我を忘れて居る程でした。
友美の私に対する奉仕も素晴らしく、何度もイカされてしまう程の全身舐めや1時間もしゃぶっているフェラなど、素晴らしいものでした。
これから続く激しい調教に付いては、いつの日か続編でお送りしたいと思います。
さぁ、また機会がありましたら続きを書いて参ります。

貴女も快楽地獄責めや調教に興味がありますか?
ならば、勇気を出して調教を体験しては如何ですか?
メール等で、ご質問等をお待ちしております。


【お知らせ】

私へのコンタクト 等は、こちらのメールフォームかLlNE: zigokumaruへどうぞ。
メールフォーム⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=956767

新設した感じ隊のSNSは、こちらから
快楽地獄丸のSNSワールド⇒ http://zigoku69.sns.fc2.com/exec/private/home/

【注意喚起】
*ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。
くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。
また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。
当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。
また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい!
当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。
全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。

【著作権法32条】
公表された著作物は、 引用して利用することができる。  
この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、
報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。

※著作権法遵守について

2012年10月より施行されました改正著作権法において、違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。
違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、民事、刑事上の責任を問われる行為となります。

詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。
詳しくはこちらをクリック
私のBlog「死ぬほど感じ隊!」」では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。
ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。
引き続き「死ぬほど感じ隊!」をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事、改めてお願いさせていただきます。

スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/tb.php/50-10b339ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック