FC2ブログ
 
最高最強の快楽・イキを得る為の研究をし、指導していく私的裏Blogです。こんな事ってあるんだ!これってどうやるの?知らない事があるんだけど!快楽・イキ・SM・メンタルの疑問や質問に答えます!これは全て長年の経験や医学的根拠に基づく真実の記録です。
iuiu



年末ですね。

一年が早いです・・・

クリスマスの賑やかな音楽とイルミネーションが街を飾っています。
帰り道を独り寂しく歩いて帰り、冷え切った部屋の電気を付けると散乱した部屋。
すぐにエアコンのスイッチを付けて部屋を暖める。

この間までは、どんなに寒くても恋人居てくれたから寒くなんてなかった。
今年のクリスマスは独りぼっちだ。
化粧という仮面を落とし、ボーっとテレビを見詰めると、そこにはつまらないギャグを言っている芸人が映っているだけ。

こんな時・・・アイツが・・・

「はぁ・・」

溜息を付いて、今日の汚れを落とす為にバスルームへ向かった・・・





さあ、そんな寒い体を私が温めてあげましょう。
こっちへ来なさい・・・


「調教をされる少女・・・」


 
「ひぃぁぁ・・お、お願い、イかせてくだ・さ・い・・・」  

少女の中で弱の表示で動くバイブ・・・  

「いかせて欲しいならこのいきり立ったコレにちゃんとご奉仕するんだなっ」  

少女の小さな口に大きく固くなった物を押しつける。
先端からは先走りの蜜が流れている。  

「ふ・・・ぅっう」  

少女はそれを見た時、かすかに残っていた恥じらいで目をそらしたが、男は無理やり少女の口の中に押し込んだ。  

「歯を立てるなよな!」  

「んぅ・・っ」  

少女は目から涙を流しながら男のものに舌を這わす。
男はニヤリと笑うと少女の頭をつかみ激しく口に突き立てる。  

「んー!!んんんんん!!」
 
苦しくてたまらないと言う顔を少女がするが、その顔に男は興奮してバイブを強にあげた。
 
「んんんっ!!!うんんんんんんっ!!」  

「ちゃんと飲めよなっ」  

男は少女の口の中に精液を放つ  

「ゲホっ!!んんぐ・・」  
少女は飲みきれず吐き出す。
 
「ちゃんと飲めと言っただろ!お仕置きがいるなお前には・・」  

男は極太のバイブを取ると少女のアナルに入れる。
 
「ひぎいいっ!痛いっ!!」  

「そのうち良くなるさ・・ふっふっふっ・・」  

男は小さなローターを6個手にすると少女の乳首とクリトリスをはさむようにサージカルテープで固定する。  

ブヴィイィイイイイッ!!!

「やあああぁぁぁっ!!イくいくううううっ!!」  

少女がはじめての潮吹きをする。  

「イきたかったんだろ?もっといけよ」  

ローターを強にし様子を楽しげにみる男  

「ふあああぁああ!!、また・・・またいっちゃうぅぅぅぅ!!ああああああ!!いくぅう!!」  

「またイったな・・・ふへへ」  

男は楽しげに笑うとアナルのバイブのスイッチを入れた! 

「おしりが、んんああぁ!!やあだめえええぇぇぇぇっ!!!」  

「腰がうごいているぜ・・ふへへ」  

「おかしくなる!!あああ・・ふぁあああ!!いやああ!!もっと・・・して・・もっと壊してぇぇぇぇ!!」  

「この淫乱が・・・」  

男がアナルのバイブを強にする  

「ふああぁあっう!!イちゃうよ!!だめぇぇぇぇっ!!ああんっ!!いく・・いくぅう!ああああ!!!・・」  

背中を後ろに大きく反らすと硬直し3度目の絶頂を迎える少女。  

「ふぁあ!・・・ふあああぁぁ!!いひっ・・あ・・・ぁ・・らめぇ・・・ぁああ・・・」  
 
少女は男が満足するまで何度も何度もイキ続けるのであった・・・






それでは、良いお年を!!
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/tb.php/22-0da0734b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック