FC2ブログ
 
最高最強の快楽・イキを得る為の研究をし、指導していく私的裏Blogです。こんな事ってあるんだ!これってどうやるの?知らない事があるんだけど!快楽・イキ・SM・メンタルの疑問や質問に答えます!これは全て長年の経験や医学的根拠に基づく真実の記録です。
cvcxdxc

GW終わってしまってなんだかグッタリです。

仕事も毎日忙しいし、会いたい人には会えないけど会える日を楽しみに毎日頑張ってます。

これから少しづつですが、SMの基本を書いて行こうと思っております。

これは、私の主観なんで全てのSMの基本ではありませんから、気楽に読んでください。

また、色々なところから参考に引用したりします。

あー地獄丸は、こんな風に考えているSなんだとね・・・


奴隷の心得 初級編その1



①奴隷は主に接する際、「節度」を持つべきである。

例えるならこういう事です。

貴女の慕うご主人様はとても優しい人です。
主従関係とは言いながら、貴女の要求をある程度受け入れてくれます。

貴女は、それに乗じて自分の要求の度合を深めていくのでしょうか?
優しいからと、ついつい我儘を言ってしまうのでしょうか?

それとも節度をもって、奴隷としての自分の立場をわきまえつつ、
自分自身をコントロールするでしょうか?

私は、これが節度だと思っています。

節度は、調教で躾ける事が難しいもののひとつです。

節度を知らない、わきまえない女性は、自分の欲求が通らない場合、簡単に不満を募らせるのです。
その不満に対し、簡単にその不満を解消してやる主は愚かだと思っています。


そう・・・たとえば

お互いで決めた普段の調教ルールからあり得ない事を
それを褒美として奴隷に与える事があります。

「~をして良い」

奴隷にとって、とても嬉しい言葉ですね。

貴女ならどうされますか?

もちろん、主人の気持ちを素直に感謝して受け止めても良いと思います。

しかしながら、「お気持ちだけで嬉しいです」と、言える奴隷は節度を知っていると思います。

こんな単純な事ですが、とても大切な事だと思います。

節度や節操の無い女を連れて歩く主は、ある意味惨めな存在です。

快楽だけを求めて来る冷やかし程度の女共が非常に多い今日この頃。

昔ながらのM女が少なくなったと共に、一般化したSMの酷さにある種の怒りを感じています。

無責任なSMごっこをする無知な人々に、それはSMでは無いと声を大にして叫びたい。

お前に奴隷を飼う価値は無いと。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/tb.php/17-57ab7803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック