FC2ブログ
 
最高最強の快楽・イキを得る為の研究をし、指導していく私的裏Blogです。こんな事ってあるんだ!これってどうやるの?知らない事があるんだけど!快楽・イキ・SM・メンタルの疑問や質問に答えます!これは全て長年の経験や医学的根拠に基づく真実の記録です。
クリ肥大化

第1回目の指南は、クリの肥大化についてもう一度おさらいする事にする。
女の立場から、女の望むクリ肥大化を見てみよう。


クリトリスの肥大化

クリトリスの肥大化は可能かという疑問を多くの女性が持っていますが、
可能だと思います。肥大化の方法も人それぞれなのでしょうが、経験に
基づいて、まとめてみたいと思います。

1.クリオナニーを極める

まず、重要な点としては、クリトリスをなるべく長い間興奮状態にしておく
ということだと思います。つまり、クリトリスを中心に刺激などを与えたり、
エッチなことを考えるなどして、常に感じている状態にしておくということ。
クリオナニーです。
これによりクリトリスの興奮状態が持続され、だんだんとその勃起した
状態が、通常のサイズとなる状態、つまり「大きく」なっていくようです。

簡単な方法としては、パンツの上からでも直接でもかまいませんが、
少し気持ちいいと感じるそうっとした感覚で刺激を続けてあげることです。
さすったり、少し押してみたり、あまり強い刺激だと苦痛に感じたり、
興奮しすぎて逝ってしまうことがあるので、絶対に逝かないように
ゆるい刺激を与え続けることです。

そうすると、クリトリスはだんだんと充血して堅く大きくなってきます。
包皮からしっかりと顔を出すようになればしめたものです。
耐えるのは辛いですが、逝きそうになる直前くらいまで高めることを
心がけるようにしましょう。ただし逝ってはだめです。逝きそうになったら
手を離して少し休めて、また1から始めましょう。

道具を使う場合は、ローターだとすぐに逝ってしまう可能性があるので
注意が必要です。お勧めは、後述の馬油をたっぷりつけた筆でゆるゆると
なであげる方法です。これはなかなか逝けず焦らしの刺激となります。

もし、逝ってしまったのなら、しばらくは何も刺激を受けたくない状態になって
クリも包皮の中にもぐってしまう状態になります。でも、不思議なことに
しばらく休ませてまた弄ると、個人差はあるでしょうが、先ほどよりも更に快感を
得られる場合があります。もし、貴方が続けて逝くことができるようでしたら、
コレを何回か繰り返すことでも効果が見込まれます。ただし、最後は辛いですが、
寸止めで終わるようにしたほうがよいでしょう。

2.道具を使う

よく吸引が効果があるといいますが、確かに効果があるようです。
私も、ニップルポンプでの吸引でずいぶんと大きくなりました。
2つ入りのニップルポンプを購入し、最初は小さいほう7mmのポンプで
吸引をしました。このポンプでもクリを入れてもぶかぶかで、
少し大きいくらいだったのですが、やがてこの筒にクリが収まらなくなり、
今では大サイズのポンプ(11mm)も窮屈になってしまいました。
入らなくなるのは時間の問題というところまで成長してくれたようです。

きちんとした吸引には、密着させることが重要となります。

愛液が十分に出ている場合はそれを潤滑油としてもかまいませんが、一番
安全でお勧めなのは馬油です。薬局などに売っています。

これは、食べても大丈夫な油で非常に伸びがよく、またローションのように
途中で乾いてガビガビになったりすることもありません。
たっぷりとクリの周りとポンプに油をつけ、ポンプを目一杯押して吸引を
行います。結構吸引力が強いので、ゆっくりと吸い出しましょう。
最初は自分で痛くない強さを探りながらゆっくりと行ってください。

クリは、吸引すると馬油で滑って一気にポンプ内一杯になります。油が少ないと
筒の壁に引っかかって痛いので注意しましょう。2-3倍は伸びたりするのでは
ないでしょうか。吸引する際注意することは、包皮を一緒に吸引しないことです。
包皮をできるだけクリの下に下げ、クリを剥いてクリに当てて吸出します。

吸引をしたらしばらくそのままにします。あまり長時間だと紫色になって
うっ血してしまうので、様子をみながら行います。慣れてくると5分くらいは
余裕となってきます。お風呂でクリをきれいに洗って吸引、その間に身体を
洗ったり、髪の毛を洗ったりするのもお勧めです。

クリが痛くなったり、うっ血が心配になってきたら外します。
驚くくらい大きくなっているはずです。そこで、少し休ませたら
また同じ事を繰り返します。4-5回はやったほうがよいでしょう。

ちなみに、馬油には血行をよくする効果もあるようです。

ここで、男性ホルモン剤を使ったりする人もいるようですが、
私はあまり薬は使いたくないので特に使っていませんでしたが十分に
肥大化しました。

3.しごく

よく、クリトリスの肥大化は、つまりは、皮がむけることだという人がいます。
もちろん包皮が向けるということも重要な要素だと思います。包皮の奥までクリの
根元があります。
これは、慣れないと痛みを感じることがあるので、やはり油などをつけてゆっくりと
包皮を下に下ろしていきましょう。
できたら、下ろしたところで、包皮を固定し、くりを少しつまんだりして刺激を
与えてみましょう。強い快感を覚えるはずです。

この包皮剥きを繰り返していると、だんだんとクリが顔を出すようになってきます。
吸引などとあわせていると、クリの皮はかなりの程度剥かれ、男性でいうカリの部分が
みえるようになってきます。吸引はこのカリもあわせて行えるようになるとさらなる
成長が期待できるのではないでしょうか。

4.色々な刺激をあたえる

これは、1と同様のこととなりますが、常にクリに刺激を与えることがなにより
重要なことだと考えています。
刺激の与え方はそれぞれ好みがありますので自分が一番気持ちがいいと思うことを
行ってください。マゾの方などは少し痛みを感じるような苦痛の刺激でも
よいかもしれません。

私がやっていたのは、油をつけて手で直接クリトリスを撫でること、ローターなどです。

少し大きくなってきたら、クリクリップ(アダルトショップでうっています)をつけたり、
毛糸でクリをはさんだり、サージカルテープで包皮が戻らないように引っ張って貼り付けるのも
よいでしょう。常に剥けた状態にしておくことも良い効果が期待できます。
ただし、完全に剥けたままのクリというのは粘膜が皮膚化して、感度が鈍くなってしまうという
ことがあるようです。クリが乾かないように注意しましょう。
肥大化の理想は、収縮時でもある程度の大きさはほしいところですが、その膨脹率だと思います。
完全な剥けグリだけれども、普段はクリの2/3くらいは包皮がかぶって
クリへの潤いを保っているという状態が良いように思います。もちろん残りの1/3は顔をだして、
パンツの布などに擦れると日々快感に襲われることでしょう。

もっと強い刺激を求める人は、ありがちですが、メンタムを塗ってみたり、肩こりなどに
使う置き鍼のテープなどを貼るのもよいかもしれません。

更に難易度は上がりますが、フードへのピアスはお勧めです。ピアスによって常に包皮が
軽く持ち上がった状態になったり、ピアスの飾り(ボールなど)が常にクリに当たって
適度な刺激を与えられるようになります。

クリトリスへの直接のピアスはその後の一層の肥大化に支障がありますので
あまりお勧めしません。これで、常にクリに刺激が加えられて成長していくことでしょう。

いずれにしても、一朝一夕に肥大化は見込まれません。常に刺激を与えて、成長を見守って
いきたいものです。必ず大きくなります。

ちなみに、私のクリは今ではずいぶんと成長してしまい、カリもありますし、
しごくこともできます。常に顔を出しているせいでパンツに擦れて歩いているときでも
感じてしまったりしています。
クリが大きくなるということは、それだけ快感を得る場所が増えることになりますから
より気持ちのいい刺激を得、身体中で一層快感を感じるができるようになると思います。

以上です。


素晴らしい研究結果でした!
やはり肥大化も一日にして成らずですね^^
皆さんも挑戦しては如何ですか?

次回をお楽しみに♪


【注意喚起】
*ちなみに上記は一部フィクション?も含まれる時もあります。
また、くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。
また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり法律で固く禁止されております。
当局の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい!
当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故があっても当方は一切の責任を負いません。
全て自己責任でお願いします。常識ある行動言動をお願いします


※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/tb.php/1-ae587b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック